FC2ブログ

田中住建の家

田中住建の家造りに関するレポートなどを綴っていきます。

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12
 

彫刻の美(2) 

前回の続きになりますが、佐久市大沢の「諏訪社」本殿の彫刻は、いつ誰が製作したものでしょうか?
弊社「匠くん」の推理では、江戸中期から後期にかけて隆盛を極めた諏訪立川流という宮彫(楼閣建築の装飾)の流派によるものだろうということです。
日光東照宮などは、江戸前期に発展した大隈流という流派によるもので、ご存知のとおり絢爛豪華な彩色が施されています。
諏訪立川流は、この大隈流から分派した江戸立川流の流れをくむもので、彩色をせず素木の木目をたくみに生かした表現力は、彩色表現に勝るとも劣らないものでした。
諏訪大社下社秋宮も諏訪立川流初代立川和四郎富棟によるもので、その子供2代目立川和四郎富昌はさらに優れた作品を作るとともに有能な弟子も育てたということです。
そこで、この大沢「諏訪社」もその富棟か富昌の弟子によるものではないかという推理です。

IMG_0909.jpg
IMG_0915.jpg

カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2011/12/22 Thu. 09:26    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://jyuken4736.blog135.fc2.com/tb.php/198-f095c980
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード